源氏巻(津和野の和菓子)

f:id:syouko1516:20151230225525j:plain

先日島根県の西部に位置する津和野にいっていて、お土産に源氏巻を購入しました。

 

源氏巻の由来

源氏巻は歴史も長く、その由来は元禄の時代までさかのぼります。 ときの津和野三本松城主・亀井能登守慈親公は公家吉良上野介義央 に辱めを受け、余りの口惜しさに上野介を斬ろうと覚悟します。この事 を知った家老の多胡外記は大事に至らぬようにと、機転を利かせて上 野介に取り入り、事なきを得たといわれています。この時、家老の多胡 が上野介に取り入るために使った進物、「小判包みの形のお菓子」が 源氏巻の原型になったと言うことです。

三松堂のHPより引用)

本来であれば、1本の長細いものなんですが

ここのお店はちいさく切ってあって一つ一つの小さな津和野にちなんだ絵柄が入っています。かわいい

ちなみにこの絵柄は季節やイベントで変わったりします。

f:id:syouko1516:20151230225530j:plain

 

味は甘いこしあんが入っていて、周りの皮とあいます。

そのほかにも違うお店だといろんな味の源氏巻があったりします。

 

今では10件程度の和菓子屋さんが源氏巻を作っているそうです。

その数はだんだん少なくなっているようです。